遺産分割協議が必要な場合

相続による不動産の名義変更をする際に、相続人が複数人いる場合は、遺産分割協議を行う必要があります。この場合、法務局に登記申請をする際に遺産分割協議書の提出が求められます。

また、預貯金の解約については、遺産分割協議を行っている場合は遺産分割協議書を提出する必要があります。

なお、預貯金に関しては、遺産分割協議書がなくても、相続人全員の実印の押印及び印鑑証明書があれば、代表の相続人に払戻しをしてもらうことは可能です。ただし、あくまでも一時的に代表者に払戻しがされるだけですので、その後の分配に関する話し合いができた場合は、きちんと遺産分割協議書を作っておくほうが良いです。

相続に関するお問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

072-260-4069

かみ司法書士事務所

堺市の中百舌鳥(なかもず)駅から徒歩1分

受付時間:9:00~20:00

トップページに戻る

お問合せはお気軽に

072-260-4069

お気軽にお問合せ・ご相談ください。