一部の子供のみに財産をあげたい場合

何人かいる子供のうち、1人だけが療養介護をしてくれた等、一部の子供だけに財産を残してあげたいという考えを持たれる方も多いと思います。

その場合、遺言書を作らずに亡くなってしまうと、面倒を見ていない子供についても平等の権利が発生してしまいます。

こういった場合に、遺言書で、特定の子供だけに全財産を譲るという内容の遺言書を作ることは可能です。

ただし、他の相続人には遺留分という、法律上認められた最低限の権利がありますので、この権利を主張されてしまうと、一部の財産については、その相続人にわたってしまうことになります。

上記のとおり、遺言ですべての財産を特定の人にゆずるということが実現できない可能性もありますが、遺留分は、法定相続分よりも低くなっていますので、遺言をしないよりは作っておいた方が多くの財産をゆずることができます。

その他の遺言書に関する情報について

相続に関するお問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

072-260-4069

かみ司法書士事務所

堺市の中百舌鳥(なかもず)駅から徒歩1分

受付時間:9:00~20:00

トップページに戻る

お問合せはお気軽に

072-260-4069

お気軽にお問合せ・ご相談ください。