相続人の中に意思能力が不十分な方がいる場合

遺産分割協議を行うためには、遺産分割に参加している相続人が、意思能力を有していなければなりません。「意思能力」とは自分の行為の結果を認識判断することのできる能力のことです。通常、成人であれば行為能力を有していることになります。しかし、アルツハイマーや痴呆などの症状がある場合には、意思能力の有無について検討する必要があります。

アルツハイマーや痴呆だからといって、必ずしも行為能力が無いということにはなりませが、重い症状の場合には意思能力や行為能力が無いと判断される可能性もあります。

そのような場合には、成年後見という制度を利用し、意思能力が不十分な方の為の代理人を選任する必要があります。そして、その選任された成年後見人が他の相続人と遺産分割協議を行います。

相続に関するお問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

072-260-4069

かみ司法書士事務所

堺市の中百舌鳥(なかもず)駅から徒歩1分

受付時間:9:00~20:00

トップページに戻る

お問合せはお気軽に

072-260-4069

お気軽にお問合せ・ご相談ください。