相続手続き全般の流れ

相続人の確定

亡くなった方の、出生から死亡するまでのすべての戸籍を集めます。これは、亡くなった方に、他に相続人がいないかどうかの確認をする為です。

銀行での預貯金解約手続きで、「戸籍が足らないと言われたました」という相談が多いのですが、出生から結婚するまでの原戸籍が足りていないというケースがほとんどです。

相続財産の調査

亡くなった方に、どういう財産・負債があるかの調査を行います。相続財産として主なものは、現金・預貯金・不動産・自動車・株式・投資信託・国債等です。

亡くなった方に負債(借金)があるかないかが分からない場合は、信用情報機関に情報開示請求をすれば、どこでどれくらいの借入れがあるかを調べることができます。

遺産相続方法の決定

亡くなった方の財産を調査した上で、相続放棄をするか、相続の承認をするかの決定をします。

財産よりも明らかに借金の方が多い場合は、相続放棄をし、借金よりも財産が多い場合は、相続の承認をし、遺産分割の協議を行います。

なお、相続放棄は3ヶ月以内という期限がありますので、注意が必要です。

遺産分割協議

遺言書がない場合、相続人全員が遺産分割協議を行い、亡くなった方の財産を誰の名義にするかを決定します。

遺産分割協議は特に期限があるわけではありませんが、協議をする前に相続人の方が亡くなった場合は、さらにその相続人の方が協議に加わる必要がありますので、できる限り早めに協議をしておくことが望ましいです。

相続財産の名義変更手続き

遺言書もしくは遺産分割協議の内容に従って、名義変更の手続きを行います。預貯金は金融機関、不動産は法務局、株式等の有価証券は証券会社に申請をします。

なお、亡くなった方の財産が一定以上の場合は、相続税を納める必要があり、亡くなってから10ヶ月以内という期限がありますので、注意が必要です。

相続に関するお問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

072-260-4069

かみ司法書士事務所

堺市の中百舌鳥(なかもず)駅から徒歩1分

受付時間:9:00~20:00

トップページに戻る

お問合せはお気軽に

072-260-4069

お気軽にお問合せ・ご相談ください。