相続登記を放置して費用が高くなるケース

相続登記をせずに時間が経過した為に、余計な費用が発生したケースを紹介いたします。

死亡してから、ある一定の期間が過ぎると、住民票や戸籍が保存期間の経過により廃棄されてしまう場合があります。(早ければ5年で廃棄されるものもあります)

この場合、その廃棄された書類に代わる、特別な書類を作成する必要があり、費用が追加で発生してしまいます

名義変更をする前に相続人が亡くなってしまった場合、その相続人が権利を引き継ぐことになります。

相続人が増えていくと、関係性がだんだん薄くなっていくことから、話し合いがしづらいくなり、紛争に発展する危険性が高くなります。

特に、相続人が兄弟姉妹の場合は、相続人の数が膨大に増えていく可能性がありますので、注意が必要です。

この場合は、戸籍を集める費用だけではなく、司法書士の費用も高くなってしまいます。

相続に関するお問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

072-260-4069

かみ司法書士事務所

堺市の中百舌鳥(なかもず)駅から徒歩1分

受付時間:9:00~20:00

トップページに戻る

お問合せはお気軽に

072-260-4069

お気軽にお問合せ・ご相談ください。